手相鑑定

手相は紀元前3000年前に発祥と言われています。

発祥地は意外にもインド。その後、中国、エジプト、ギリシアへと広まり、日本へは平安時代に渡って来たと伝えられています。
てそうが本格的にヨーロッパに普及したのは19世紀。そのキッカケを作ったのが、天才手相研究家のキローです。
キローは現代手相学の元祖とも言われていています。

目で見えない脳からの指令を目で見える形にで表しているのが手相と言われています。
現在の手相は西洋手相術が採用されています。
 
手は日々使うものなので、手相にはその人の生き方や運命、健康状態までもが、刻み込まれているのです。