個性心理學アカデミー学術大会 無事終了!


皆さんこんにちは!

こちらではお久しぶりになりますね~。

ブログで掲載し忘れていました。

ので、今頃公表します!

さて、昨年の12月24日。

私はタイトルのとおり、個性心理學アカデミー学術大会に

なんと!!

研究発表者として

参加していきました!

参加者は皆個性心理學関係の方々。所長をはじめ、支所、市局長が

たくさん参加している中で、発表する・・・。

(約150人前後)

今までにないことでした。

思い起こせば半年前。

研究発表をしようと決めたその時から、日々考え、悩み、もがいていました。

しかしやると決めた以上!やるのが男サンタマリア。

資料を徹夜で(そこまでではないが・・・)

作り上げ、発表しました。

発表の様子は残念ながら写真で撮影されていないのです。

私は二番目の発表でした。しかしその後、レベルの高い発表に

”早く発表してよかった~”

と思った次第です。

とりあえず全体写真を~。

そして研究発表者の全体写真です。

すでにFBやインスタで掲載されていますので、もう周知の事実と思います。

私としては占い師として10年やってきた積み重ねと、個性心理學に対する熱意を

発表しました。

その後の発表者の方は素晴らしく、会場が笑いに包まれていました。

私は終わった安堵感と脱力感でと、しばらく呆然としていました。

私の区切り、ケジメとしてはまぁ、良かったのかな?といった感じでした。

これから平成が終わり、新しい元号が始まろうとしています。

きっと大きな変化も現れるでしょう。

しかしいつの時代も問題は人間関係。

個性心理學は講師になるならない問題ではなく

これから必要とされる学問であることは間違いないと思います。

私はこれからも占いの道を精進して進みます。

その中で個性心理學はなくてはならないアイテムです。

これからもこの素晴らしい学問を使い、人々を倖せに導いていきたいと思います。

タロット鑑定師

サンタマリア石原